カジノで勝っている人とそうではない人の1つの決定的な違い

カジノに参加しているプレイヤーの中には、継続的に大きな利益を出し続けている人がいます。
実は、これは仕組みを理解していればそれほど難しいことではありません。
カジノは、全てのゲームで同じようにできているわけではなく、様々なルールや形で提供されているものであるためそれを理解しておけば実は儲けやすい状況を作ることができるようになります。
その中でも、最も重要なポイントの1つとして考えられているのが控除率と呼ばれるものです。
これは、ハウスエッジという名称で親しまれているものでもあります。
控除率は、簡単に述べるとギャンブルを運営している会社が手に入れられる手数料であり、利益のことを指します。
そもそも、ギャンブルを運営している企業は自社にとって有益な結果をもたらすために、ある程度の利益を得られるようにシステムを準備をしておく必要があります。
しかし、カジノのゲームの中だけでその利益を確定させることになると、安定した収益を得られたくなってしまうという問題点も存在します。
勝ったり負けたりを繰り返すことは、安定した収益とかけ離れているからです。
仮に、運営側がずっと負け続けてしまうとその時点で破産してしまうリスクが生まれます。
そこで、こういったことにならないようにするためにプレイヤーがゲームに参加した時点で、運営側が利益を得られるようなシステムを作っているのです。
ここで生じる手数料が、ハウスエッジと呼ばれるものです。
簡単にいうと、これは手数料のようなものです。
例えば、あるゲームに対して手数料が5%で設定されていると、そのゲームに参加した時点でプレイヤー側の取り分は95%になります。
普通は、ゲームに参加して配当を得られると100%還元してもらうことで、利益の回収率を100%にすることができるようになります。
しかし、このような単純なルールを採用していると全ての儲けをプレイヤー側に持っていかれることになりますので、一定割合で胴元が手数料を取ることによって効率的に運用を続けられるように工夫をしているわけです。
これが、日本では控除率と呼ばれるもので世界的にハウスエッジと親しまれているものです。
実際に、実はこのハウスエッジの考え方は日本国内でも存在します。
日本にも、公営ギャンブルとしてサービスを提供されている様々な賭け事が存在します。
例えば、代表的なものでは競馬があります。
競馬の控除率は、20%から25%程度に設定されていて馬券を購入した時点でその分の手数料が実は取られているわけです。
わかりやすいのが、配当を得た時の金額です。
普通は、1万円を投資して配当で2倍のものが的中すると、合計の回収率は2万円となります。
この配当がそのまま自分の手元になって返ってくることになるのですが、ハウスエッジが存在する場合にはこの2万円という価値は実は手数料を引いたぶんしか存在しないことがわかります。
日本の馬券の場合は、最初から20%から25%の取り分が実はこの2万円から差し引かれていることになりますので、既にその分だけを負けているということを意味するわけです。
当然ですが、この手数料が大きくなればなるほどギャンブルでは勝つ確率が低くなってしまいますので、理論的になかなか勝つことができなくなってしまいます。
問題なのが、カジノにもこういった手数料が存在するという点です。
ゲームで大きな利益を受けている人は、実はこの仕組みを理解しています。
継続的にゲームを続けていくことによって、必ずその分だけ配当が失われていくことになりますので、この部分を工夫することによって着実にお金を儲けられるようにしています。
わかりやすいのが、投資法を利用することです。
数学的な特殊な手法を用いることによってm継続的に勝つための計算を行っていきます。
実際に、カジノの歴史の中には数学的な投資法をプレーヤーが作って、一つのカジノを潰してしまったという事実も存在します。
こういった方法を利用すれば、効率的に勝っていくことができることがわかります。
重要なのが、このハウスエッジの考え方を理解しておかないとどうやって利益を出していけば良いのかもわからなくなる点です。
ゲームに参加する場合は、手数料が少ないものを選んでおかないと継続的に負ける確率が高くなっていきますので、理論的にも儲けは低くなるからです。
ゲームに強ければ強い人ほど、この仕組みを理解した組み立てを行っていますので実は理論的な方法で勝つことに力を入れていることがわかります。
特徴的なのが、こういった控除率や投資方法を用いることで初心者であっても実は勝ちやすい状況を導き出すことができるという点です。
どういった投資法を利用するのかを検討していけば、効率的にストレスをためることなく利益を出し続けることも夢ではありません。
ハウスエッジの考え方は、数学的な理論的な考え方に繋がっていますので勝てる人にはきちんと理由があるということを知っておくことです。